与えれば与えられる

投稿日:

こんにちは!

「QUEENS STYLE」代表の鈴木みこです(^∇^)

 

朝、家を出るとふんわりいい香り

どこからか梅の花びらが玄関前に飛んできていました。

まだ朝晩は冷えますが、心はぽっと温かくなります♪

 

そんな春の息吹が感じられる今日この頃・・・

 

突然!

 

神のお告げが!!!!

 

(頭は大丈夫ですw)

 

細かいことは置いておきまして

神のお告げのごとく

私の中に降りてきた言葉・・・

 

それは

 

「与えなさい」

 

むしろ与えてほしいわ…

と以前の私なら思ってしまったでしょう。

 

しかし、よく考えてください。

自分から何も与えない人が

果たして、与えてもらえるのでしょうか…?

くれくれと言っているだけで何でももらえるのでしょうか!?

 

そんな都合のいい話はありませんよね(^▽^;)

 

自分から<与える>から<与えられる>のです!

 

たとえば、「鶴の恩返し」や「かさこじぞう」、

「おむすびころりん」といった昔話を考えてみても

<与えた>から、それ以上のものを<与えられた>のです。

 

「与えれば与えられる」

 

これは昔から伝えられ教訓となっていることなので、

限りなく正しい原理、法則と言えるのではないでしょうか。

 

ただし、気をつけなければいけないことがあります。

昔話にもあるように「見返り」を期待してはいけないということです。

 

「こんなに与えてやったんだから、お返しをたくさんしてくれ!」

という態度では、与えてはもらえないでしょう。

 

昔話でも、欲深い人物は何も与えられず、

それどころか不幸になります。

これも教訓の一つですね。

 

”見返り”を考えずに与えるということ・・・

 

私もどこまでできるかチャレンジです!!

 

ちなみに与えるものは

お金や物に限ったことではないと思います。

たとえば「愛情」

親は子供にたくさんの「愛情」を与えますが

そこに見返りを期待している親はほとんどいないはずです。

与えた分だけ子供は、とびきりの笑顔を返してくれるでしょう!

それだけで親は十分幸せな気持ちになります。

 

愛情も<与える>から<与えられる>のです。

 

日々の生活で<与える>ことを意識してみようと思います(^∇^)

 

投稿者:「QUEENS STYLE」代表 鈴木みこ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中